和歌山県は14日、県内で新たに4人が新型コロナウイルスに感染したことが分かったと発表した。3人は感染者の同居家族で、県は家庭内感染とみている。
 岩出保健所管内の40代会社員男性と男児は、クラスター(感染者集団)に認定されている岩出市の上岩出保育所に通う女児の同居家族。女児はすでに感染が発表されている。
 和歌山市在住の80代男性は、クラスターに認定されている同市の介護付有料老人ホーム第2あすか苑に勤務する職員女性の同居家族。女性はすでに感染が発表されている。
 3人とも家庭内感染のため、クラスターの感染者数には含めない。
 またクラスターに認定されている同市の済生会和歌山病院では、外来患者の70代男性=同市在住=の感染が判明した。感染経路は調査中で、現段階ではクラスターに含めない。