和歌山県は17日、県内で1人が新型コロナウイルスに感染したことが分かったと発表した。発表人数が1人になるのは昨年12月25日以来54日ぶりとなる。
 感染が確認されたのは、和歌山市在住の30代医師女性で、すでに感染が発表されている男性の同居家族。男性はクラスターが発生した済生会和歌山病院(和歌山市)の関係者で、女性は別の医療機関に勤務している。
 入院者は42人で、1月1日と並んで今年最少となった。