龍をテーマにした「第1回龍神村龍の造形大賞2020」(和歌山県田辺市の龍の里づくり委員会主催)の入賞作品が決まった。最優秀作品賞には、杉山幸則さん(千葉県)の「天怒来龍」が選ばれた。
 国内外から137点が寄せられ、昨年12月に龍神市民センターで展示会を開催。フィギュアメーカー「海洋堂」創業者の宮脇修さんを審査委員長に、プロのフィギュア造形師や龍神村在住のチェーンソーアーティスト城所ケイジさんら6人が入賞11作品を選んだ。
 最優秀作品賞の「天怒来龍」は、龍自体の造形だけでなく、たいまつの炎や月夜の表現なども良いことが評価された。城所さんは「作り込みに脱帽です」と評した。
 最優秀以外の入賞者は次の皆さん。()内は作品名。
 【優秀作品賞】埼玉県・嘉白順一郎(龍)
 【特別賞】県知事賞=東京都・森岡健一(龍法大師)▽田辺市長賞=愛知県・石川純平(難陀龍王よ、浄化と幸を!!)
 【審査員特別賞】大阪府・正本晶久(銀河逆旅)
 【審査員賞】長野県・岡田智貴(東の聖宿)
 【入賞】東京都・内野聡之(双龍洄游)、岐阜県・ほりものや大地(臥龍の行方)、佐賀県・東江伸洋(ハートフルドラゴン)、神奈川県・森本啓太(流木龍)、岐阜県・吉田みか(白砺)