和歌山県紀南地方の森林で、早春の花セントウソウ(仙洞草、セリ科)が、直径2、3ミリの小さな白い花を多数咲かせている。日本の固有種。
 田辺市稲成町の動鳴気峡では、道路沿いに点在している。茎は15センチほどにしかならず、白い粉をまいたように咲くため、よく見ないと見逃してしまう。
 近くにあるふるさと自然公園センターの指導員は「ごくごく小さい花だが、冬の寒さも終わりかなと思わせてくれる。散歩がてら探しに来て」と呼び掛けている。