「第29回串本海中フォトコンテスト」の入賞作品が20日に発表された。一般部門グランプリには神出美保子さん(名古屋市)の作品「hunter」が選ばれた。
 和歌山県串本町内のダイビングショップでつくる実行委員会(坂口昌司委員長)が主催。串本の自然の豊かさや大切さ、楽しさなどを伝えることを目的に毎年開いている。今年は5部門に169人から711点の応募があった。
 応募対象は、町内のダイビングサービスを利用し、串本海域で撮影されたアマチュアの未発表作品。1人10点以内で昨年12月上旬に募集した。
 表彰式は20日、同町串本の町文化センターであった。坂口委員長はあいさつで、昨年は新型コロナウイルスの影響で町内のダイビングショップが約1カ月休業したが、前年とほぼ同数の出品があったと紹介。来賓の田嶋勝正町長は祝辞で、串本の海の魅力を全国に発信しているダイバーに感謝し「今後も一層串本の海を愛してもらいたい」と述べた。
 審査員を務めた水中カメラマンの中村宏治さん=東京都=はグランプリ作品について「ブリ一匹一匹がいい表情をしていて力を感じる」と評価し、入賞者に「10年後に自慢して見られる写真を目指してほしい」と呼び掛けた。
 受賞作品は、同フォトコンテストのホームページに掲載している。
 一般部門グランプリ以外の入賞者は次の皆さん。
 【一般部門】金賞=齋藤利奈(大阪府茨木市)▽銀賞=三浦聡(大阪府門真市)▽銅賞=奥島玲人(三重県四日市市)▽入賞=土居功一(串本町)、今井寛治(岐阜市)、大塚岬(愛知県丹羽郡)、鷲澤顕道(新潟県糸魚川市)、篠原孝司(東京都中央区)、鈴木祥司(名古屋市)、北村晶子(奈良県橿原市)、白木真代(名古屋市)、大上敏宏(堺市)、森浩伸(大阪府吹田市)
 【コンデジ部門】グランプリ=倉橋豪(大阪市)▽金賞=堺菜津子(和歌山市)▽銀賞=北村基彦(奈良県橿原市)▽銅賞=吉田佳世(大阪市)▽入賞=海野幸江(三重県伊勢市)、宮西光江(名古屋市)、宮西孝(同)、齋藤敬介(大阪府東大阪市)、東美里(串本町)、本田葉菜(名古屋市)、伊藤小百合(大阪市)、倉田信彦(名古屋市)、羽口理沙(兵庫県西脇市)、巽剛一(大阪府東大阪市)
 【特別賞】サンゴ賞=今井寛治(岐阜市)、原澤宏(埼玉県飯能市)▽ダイバー賞=唐澤裕弥(長野県上伊郡)▽アート賞=土居功一(串本町)▽海岸賞=壷井彩(大阪市)▽生態賞=佐藤光則(愛知県愛西市)▽町長賞=伊藤紀和(三重県桑名市)
 【インスタ部門】グランプリ=k.hayami_9216▽ワイド賞=risa32gtr ▽マクロ賞=blueheaven_m
 【ショップ部門】1席=BLUE∞LIFE(佐久間琴子、山西秀明、米花毅治)▽2席=イオ池田校I(沖井いづみ、香西英孝、菰池哲史)▽3席=イオ池田校A(宮崎敦史、千田有佳、沖井純生)