和歌山県串本町伊串にある橋の下などでイワツバメ(岩燕)のつがいが、力を合わせてせっせと巣作りに励んでいる。数組のつがいが、くちばしに泥やわらをくわえ、忙しく飛び回っている。
 スズメ目ツバメ科のイワツバメは全長15センチほどで、ツバメより小さい。繁殖期は4〜8月。主に夏鳥として九州以北に渡来しているが、西南日本では越冬するものもいる。泥などを使って海岸や崖、人工建造物などにつぼ型の巣を作る。越冬するものは、巣をそのままねぐらとして利用するという。
 古座川町小川にある県の名勝・天然記念物「滝の拝」に架かる橋の下をはじめ、串本町のくじの川や田原にある橋の下でも毎年イワツバメが繁殖している。
 日本野鳥の会県支部の小瀧賢作さん(72)=古座川町高池=は「この地域のイワツバメは、外から渡って来るものと越冬しているものの2種類がいるようだ。数は増えてきている感じがする」と話した。