和歌山県は28日、県内で新たに71人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。
 保健所管内別は和歌山市33人、田辺と岩出が各10人、湯浅7人、橋本4人、新宮と海南が各2人、県外3人。
 入院者は539人。病床587床(うち臨時病床17床)の使用率は91・8%。直近1週間の人口10万人当たり感染者数は56・0人。保健所管内別の最多は田辺の83・1人で、すべての保健所管内で「感染爆発段階」(ステージ4)の指標25人を上回った。
 県は、JR線路工事の管理監督をしている大鉄工業和歌山支店和歌山出張所(和歌山市吉田)を81件目のクラスター(感染者集団)に認定した。従業員17人のうち、28日までに6人の感染が確認された。
 また、和歌山市在住の100歳代男性の死亡を28日に確認した。院内感染があった病院に入院していた。