和歌山県白浜町の高瀬川沿いで、多年草のワレモコウ(吾亦紅、バラ科)が点在して花を咲かせている。
 日本各地に広く分布するが、紀南での自生は少ない。草丈は50〜100センチほど。細く真っすぐに伸びた茎の先に、1〜2センチほどの楕円(だえん)形で濃い赤紫色の花序をつける。生け花などにも使われ、根は止血剤として用いられる。平安時代にはこの和名が登場している。由来は諸説あって「われもまた紅なり」が語源となったという花目線の説もある。
 高瀬川沿いをよく訪れる農業男性は「以前は農道の脇などでも見掛けたが、最近は見なくなった」と話している。