和歌山県紀南地方の山中で、ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)が、紫色の斑点が入った直径3センチほどの白い花を咲かせている。
 ユリ科の多年草。和名は、山の道端でよく見掛け、花の模様が鳥類のホトトギスの胸元に似ていることに由来する。
 高さは30センチ以上になり、葉は楕円(だえん)形をしている。沖縄を除く日本全国に分布する。10月ごろまで見られる。