和歌山県紀南地方各地の草地などでツリガネニンジン(釣鐘人参)が薄紫色の花を咲かせている。
 日本全土の山野などに分布するキキョウ科ツリガネニンジン属の多年草。茎を切ると乳液が出る。7〜10月に長さ1・5センチほどの花を咲かせる。花が釣り鐘状で、根がチョウセンニンジンに似ていることが名前の由来。若芽はトトキと呼ばれる山菜。根は去痰(きょたん)剤とされる。