和歌山県は9日、県内で新たに2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。また、湯浅保健所管内在住の90代男性の死亡を8日に確認した。
 感染が分かったのはいずれも和歌山市在住の40代自営業男性と、10代の会社員男性。会社員男性は、大阪府で一緒に仕事をした人の感染が分かったため、検査した。
 入院者は34人、病床使用率は5・9%。