和歌山県は、夏季(7、8月)に県内の主要7観光地を訪れた合計客数は260万3300人で、昨年同期より19万6300人(8・2%)増えたと発表した。ただ、コロナ禍前の水準には回復しておらず、観光地によってもばらつきが見られた。
 県は毎年、田辺市龍神村、同市本宮町、白浜町、串本町、那智勝浦町、和歌山市、高野町の観光客をまとめている。7カ所の今夏の宿泊客は60万5800人で昨年より10万6400人(21・3%)増、日帰り客は199万7500人で8万9900人(4・7%)増となった。しかし、コロナ前の19年と比べると、宿泊客は26・3%、日帰り客は13・3%少なかった。
 月別では、7月は県内旅行への補助事業「わかやまリフレッシュプラン」の実施や、梅雨明けが早かったこと、7月22日からの4連休が天候に恵まれたことなどから昨年比で43・6%増となった。一方、8月は新型コロナウイルス「第5波」の感染拡大や、それに伴う不要不急の外出自粛要請、京阪神の緊急事態宣言発令、盆期間の長雨の影響などで10・9%減ったという。
 観光地別では、昨年より増えた所も、減った所もあった。白浜町は昨年比12万100人(26・3%)増の57万7300人。宿泊客、日帰り客とも20%以上増えた。白良浜海水浴場の開設期間が昨年より長かったことや、昨年は開かなかった椿海水浴場を開設したこと、花火イベントの実施などが影響したという。
 串本町は24万700人で、昨年比4万3千人(21・8%)増。ここも宿泊客、日帰りとも20%以上増加した。修学旅行客が多く訪れたことなどにより増えたという。和歌山市も14万500人(12・5%)増え、126万2500人となった一方、他の4カ所では昨年より減少した。
 田辺市龍神村は3万8600人で8800人(18・6%)減。同市本宮町は15万9600人で4万5700人(22・3%)の減。那智勝浦町は11万8400人で6400人(5・1%)減。高野町は20万6200人で4万6400人(18・4%)減となった。