和歌山県高校弓道新人大会(県高体連主催)が10月31日と11月1日、田辺市目良の市立弓道場であり、女子団体で神島Aが優勝した。個人では、女子で神島の稲薮紫音さん(2年)が優勝、男子で田辺工業の谷口孔一君(2年)が準優勝。団体の神島女子と稲薮さん、谷口君は、12月23〜25日に水戸市で開かれる全国選抜大会に出場する。
 県大会の団体戦は男子17チーム、女子23チームが出場した。予選で各自12射の合計的中数を競い、上位5チームによる決勝リーグ戦をした。男女とも優勝校は全国大会へ、2位校は14日に大阪市である近畿2位大会へ、1〜3位校は20、21日に奈良県橿原市である近畿大会へ出場する。
 女子団体の決勝リーグで神島Aは4戦全勝した。3位に新翔A、4位に神島B、5位に新宮Cが入賞した。神島Aのメンバーは稲薮さん、岡野朱里さん、下村海月さん、木下葉月さん(全員2年生)。
 男子団体は新宮Aが準優勝、田辺工業Aが5位に入賞した。
 個人戦は、上位2人が全国大会へ、6位までの入賞者は近畿大会(20、21日、奈良県橿原市)に出場する。
 女子個人で優勝した稲薮さんは、予選で12射を全て的中させた。上位2人で競った決勝では1射目を的中させ、対戦相手が失敗したため優勝が決まった。稲薮さんは「8月の県選手権では優勝できず悔しかったが、課題を修正して大会に臨んだ。全国大会では団体、個人とも上位を目指して頑張る」と話している。
 男子個人は7人が決勝に進み、谷口君は紀央館の選手と最後まで争ったが惜しくも準優勝だった。谷口君は「練習から一本一本を大切にしてきた。全国大会でその成果を出したい」と話している。
 その他、個人戦で紀南勢の入賞者は次の皆さん。
 【男子】
 (5)大前凜(新宮2年)(7)白草優介(田辺工業2年)(8)上田凌大(新宮2年)
 【女子】
 (2)板谷観来(新宮2年)(3)梅田遥(神島2年)(4)木戸心菜(新翔2年)(6)木下葉月(神島2年)(8)松下穂乃果(新宮2年)(9)竹本未来(新翔1年)