和歌山県は7日から、新型コロナウイルス感染者で重症化リスクが少ない人が、医療機関を受診しなくてもインターネットで検査キットの入手や陽性登録ができる制度について、有症状者のほか、濃厚接触者らも対象に加えた。
 この制度は、医療が逼迫(ひっぱく)していることなどから、県が8月24日に開始した。対象者は県が設置した「抗原定性検査キット送付・陽性者登録センター」に、ネットで抗原定性検査キットの送付を申し込み、検査の結果陽性であればウェブで「陽性登録」できる。
 これまでは、対象が重症化リスクが少ない人のうち、有症状者だけだったが、濃厚接触者も含めた。
 また、無料検査場での検査で陽性が分かった人も、陽性登録できるようにした。ただ、検査キットの申し込みはできない。
 詳細は県ホームページで案内している。問い合わせは午前9時〜午後5時にセンター(050・2018・3138)へ。