和歌山県は11日から、国の観光需要喚起事業「全国旅行支援」として「わかやまリフレッシュプランSワイド」を実施する。最大で40%を割り引く。上限は1人1泊当たり8千円となる。
 県は10日までは県民と、大阪、三重、滋賀、京都、兵庫、奈良、徳島の7府県民が利用できる「わかやまリフレッシュプランS」を実施しているが、11日からは全国の人が利用できるプランに移行。これまで県民は7府県の各プランも利用できたが、「全国旅行支援」を実施する他の都道府県のプランも利用できるようになる。
 補助内容は全国同一で、割引率は旅行代金総額の40%。補助上限は内容によって異なり、交通手段付きの宿泊旅行商品(1人1泊当たり)8千円、宿泊商品(同)と、日帰り旅行商品(1人1回当たり)は5千円。土産物店などで利用できるクーポン券が、平日利用の場合千円分が3枚、休日は千円分が1枚付く。
 補助対象は、1人1泊(日帰りは1回)当たり、平日5千円、休日2千円以上の旅行で、宿泊を伴う場合は1旅行で7泊分まで。
 宿泊施設に直接予約し、宿泊関係サイト「STAYNAVI」で宿泊割引クーポンを発行、または旅行会社に予約、などといった方法で、割引を受けられる。
 利用には、ワクチンの3回接種か陰性証明が必要。
 利用可能期間は12月20日(21日チェックアウト)まで。ただし、変更する可能性もある。
 制度の詳細は随時、特設ホームページに掲載していくという。問い合わせは午前9時〜午後6時に「わかやまリフレッシュプランSワイド事務局」(0120・782・316)へ。