和歌山県みなべ町土井、高城小学校(夏見和敏校長)の全校児童48人が4日、いろいろな道具を使ってシャボン玉作りを体験した。一気にいくつもできたり、大きなものができたりすると、歓声を上げて喜んでいた。
 「シャボン玉作り名人」で知られる鯰江作弘さん(67)=滋賀県草津市=を講師に招き、科学実験教室として取り組んだ。この日は時折雨が降る天気だったが、晴天だと水分が蒸発するためにあまり良くなく、曇りが最適だという。
 初めに、鯰江さんが「ゆっくりやるのがこつ」と助言しやってみせると、児童は「わー、すげー」と歓声を上げた。
 道具は丸い輪だけでなく、長いひものほか、釣りざおに何本ものひもを付けたものもあり、児童が思い思いに好きな道具を使って飛ばした。一気に千個以上もできた時には「めっちゃ、きれい」、3メートル以上の大きなシャボン玉には「中に入れそう」と感動していた。
 鯰江さんは高校の元化学担当教諭で、定年後に全国を回ってシャボン玉教室を開いている。結婚式に呼ばれて披露することもあるという。「子どもより大人が熱中するほど、年齢に関係なく楽しめる。高城小は山に囲まれているので、シャボン玉がよりきれいに見える」と話していた。
 体験した6年生の西口沙愛さん(12)は「シャボン玉はめっちゃ好きだが、こんなのを見たのは初めてでびっくりした。きれいで数も多く、夢の国にいるみたい。ずってやっていたい」と喜んでいた。