年末に向けて本格化する「おせち商戦」に、神島高校(和歌山県田辺市文里2丁目)の生徒が紀州南高梅と紀南の海鮮を取り入れた「うめぇおせち」で参戦する。「郷土の魅力を全国に伝えたい」とアピールしている。

 レシピを考案したのは、世界農業遺産「みなべ・田辺の梅システム」を活用できる人材と任命された梅システムマイスターの3年生6人。白浜町で民宿や仕出しを運営する「さきのや」が商品化した。
 旅行会社「東武トップツアーズ」(本社・東京)が、若者目線の斬新なおせちで地域の魅力を発信することで「旅心につながれば」と展開している「高校生おせち」企画。同校を含む全国13校が参加している。
 神島高のおせちは、伊勢エビやアワビ、梅マダイといった海の幸をふんだんに使用。味付けには梅煮という地域の伝統的な調理法や、梅にマヨネーズを合わせた梅マヨネーズなど高校生ならではの発想を取り入れた。だて巻きや数の子など定番も盛り込んでいる。
 生徒は今春からメニューを考え、試作を繰り返してきた。吉田菜々美さんは「伊勢エビと梅マヨの相性は抜群。甘い梅もあって、いろいろな梅のバリエーションが楽しめる。子どもからお年寄りまで親しめる味になった。正月に家族が集まって食べてもらえたらうれしい」と話している。
 「うめぇおせち」は2〜3人前で、1万3800円(送料、税込み)。12月31日に届く。購入希望者は12月2日までに、東武トップツアーズのサイト「TABI YOSE」または田辺支店(0739・24・2800)へ。