和歌山県串本町潮岬の南方約2キロの海上で21日午前5時44分ごろ、貨物船と台船が衝突する事故があった。台船の乗員2人が軽傷。沈没や油の流出はなかった。
 串本海上保安署によると、衝突したのは、愛媛県新居浜港から三重県四日市港へ銅板1500トンを運んでいた貨物船「第十八鉱運丸」(497トン、乗員5人)と愛知県三河港から和歌山県下津港へ向かって「第二十六冨美丸」(228トン、乗員6人)がえい航していた台船「新星丸」(乗員6人)。
 通報を受け駆け付けた同署の巡視艇「むろづき」が午前7時10分ごろ、現場に到着し確認した。事故原因などを調査している。