和歌山県串本町サンゴ台のサン・ナンタンランド総合運動公園多目的グラウンドで4、5の両日、サン・ナンタン串本ゲートボール大会が開かれた。県内外から36チーム188人が出場し、交流を深めた。
 実行委員会が主催し今年で16回目。今年は新潟、大阪、奈良、三重、和歌山の5府県から参加があった。開会式では町ゲートボール協会の上家浩壽会長、田嶋勝正町長らのあいさつに続いて、85歳以上の参加選手31人に記念品が贈られた。
 選手は六つのコートに分かれ、勝敗数や得失点で順位を決めた。優勝は、ひよこ(奈良県五條市)、準優勝は新浜(美浜町)、3位は天啓クラブB(三重県多気郡)だった。
 1〜3位を除いた各コート賞は次の通り。
 パトロール(大阪市)▽あをによし(奈良県大和郡山市)▽大梅(大阪市)▽よしいくで(奈良県五條市)▽目津(串本町)▽3年B組(上富田町)