和歌山県北部を中心にスーパーマーケットを展開する「松源」(本社・和歌山市)は今秋、田辺市稲成町に新店舗をオープンする。周辺にはスーパーや農産物直売所があり、食料品の小売り競争がさらに激化しそうだ。
 計画によると出店場所は、稲成町の国道42号沿いで、回転ずしチェーン店に隣接するパチンコ店跡地や農地。店舗は平屋で、広さ約1300平方メートル。
 松源は1961年に和歌山市で創業。現在、県内に26店、大阪府内に13店、奈良県内に1店の直営店を構えている。県内で最も南にあるのは御坊店。食料品を中心に日常必需品を取り扱っており、特に生鮮食品と野菜に力を入れている。
 出店場所の稲成町にはスーパーや農作物直売所、その周辺にもスーパーやドラッグストアなどがいくつもある。新しいスーパーの進出で、消費者は歓迎するが、小売店の競争は激化することが予想される。既存のスーパーは「対策は考えていくが、基本的にはこれまで通りの商品展開で、お客さまを大事にしていきたい」と話している。