和歌山県白浜町日置1013、「デリカフーズくりやま」(栗山直文代表)のカフェで、自慢のミンチカツを使った「ミンチカツバーガー」が人気を集めている。

 昨秋、創業100周年を迎えた。本業は精肉店。総菜も手掛けている。コロナ禍を受けて社屋の一部を改装し、昨年10月にカフェをオープンした。飲食スペースは屋内だけでなく、屋外にテラス席もある。
 カフェで100周年の記念メニューとして登場したのが「ミンチカツバーガー」。ミンチカツは約60年作り続けている人気商品の一つ。ジューシーで肉の甘味が口に広がる。1個300円。ポテトとドリンクとのセットは500円。
 ササミのフライを挟んだ「ササミタルタルバーガー」(350円)、「コロッケバーガー」(300円)も人気。いずれもポテトとドリンクとのセットメニューがある。他に、唐揚げとポテトとドリンクのセットは500円。いずれもテークアウトできる。
 この夏、クラッシュクリームソーダが新登場。ブルーハワイ、ストロベリー、メロンの3種類。いずれもLサイズ480円。
 カフェの営業時間は午前11時〜午後7時、水・木曜定休。電話0739・52・2057。