<全米プロゴルフ選手権 2日目◇10日◇ベルリーブCC(7,316ヤード・パー70)>

すでに第2ラウンドが始まっている「全米プロゴルフ選手権」。初日を2アンダー・16位タイとした松山英樹と池田勇太がともにパーでスタートした。


ノーボギーの滑り出しとなった初日を振り返り、「フェアウェイに行っていた」と、ティショットの精度アップには好感触も笑顔は見せなかった松山。午前組が続々とスコアを伸ばしている2日目はさらにバーディを積み重ねたい。

松山と同じく16位タイと好発進の池田は、しばらく見せていなかった笑顔で初日のラウンドを振り返る充実ぶり。上位進出に向けて大きくスコアを伸ばすラウンドを目指す。

午前組でスタートし、スコアを2つ伸ばしたのは小平智。10番スタートでボギー発進も11番パー4ではワンオンに成功しイーグル奪取。「68」のラウンドで予選通過に近づいた。

同じく午前スタートの時松隆光は残り2ホールでトータル3オーバー。今平周吾、宮里優作も2日目をスタートしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>