<大王製紙エリエールレディスオープン 最終日◇18日◇エリエールゴルフクラブ松山・愛媛県(6525ヤード・パー72)>

国内女子ツアー「大王製紙エリエールレディス」の最終日。全選手のハーフターン時点で、プロ入り後ツアー初優勝がかかる勝みなみが前半を4バーディ・ノーボギーで折り返し。後続と2打差のトータル17アンダー・単独首位で後半に突入している。


2打差2位にツアー初優勝を狙う松田鈴英。3打差3位タイにアマチュアの上野菜々子(東海大学附属仰星高3年)、菊地絵理香、李知姫(韓国)が続いている。

逆転賞金女王を狙う昨年覇者・申ジエ(韓国)は、9ホール消化時点でトータル12アンダー・8位タイ。賞金ランク1位を走るアン・ソンジュ(韓国)はトータル7アンダー・33位タイにつけている。

シード争いでは、賞金ランク55位の渡邉彩香がトータル4アンダー・48位タイ。渡邉は今大会で単独15位以上に入らなければシード権を喪失する。ランキング69位の西山ゆかりはトータル8アンダー・27位タイ、同84位のイ・ボミ(韓国)はトータル1アンダー・54位と、いずれも賞金シード喪失の土俵際に立たされている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>