成田美寿々の劇的な4打差逆転勝利で幕を閉じた、先週の「ヤマハレディースオープン葛城」。当然のことではあるが、もちろんこの試合終了後も葛城は多くの人たちからの祝福モードに包まれた。“優勝”といえば当然華々しくて、めでたいもの。優勝直後の試合は心の余裕もできて、さぞ世界がこれまでとは違って見えるのだろう…と思ったのだが、そんなに単純なものでもないようで、意外と明暗が分かれるのがこのタイミングだ。


2017年の本大会で初優勝したイ・ミニョン(韓国)は、「私は次の試合で予選落ちしました!」と苦笑い。「優勝した勢いそのままに次の試合に向かえるという人もいますが、私の場合はなんとなくぼーっとしてしまうというか、下がってしまうタイプでした」とパターンは人それぞれ。「私は普通に次に入れました。疲れていたのはあったけど、安心感を持って回れました」という新垣比菜のようなタイプもいるが、優勝争いの気疲れ、さらには多方面からの祝福の嵐など、自分でも気づかないうちに蓄積される疲労感もあるのだろう。

それが初優勝ならなおさらだ。「優勝の翌週は大事」と気合いを入れて葛城入りした河本結も、下部ツアーで4勝しているがレギュラーツアーでは2週前の「アクサレディス」が初めての勝利。「朝起きて、“疲れた”しか言葉がでてこなくて。気合いで乗りきった1週間でした」とヤマハレディースの最終日が終わる頃には、はたから見ても“クタクタ”といった表情を浮かべていた。

宮崎で優勝後、表彰式や会見、パーティを終え、日曜の深夜3時に次の試合が行われる静岡に到着。300件近くの祝福メッセージにもきちんと返信しつつ、火曜から練習を再開…普段以上にハードスケジュールとなったのは想像に難くない。次々と続く試合のなかで勝利の余韻に浸る間は少なく、一気に現実に引き戻される、というのが“現実”のようだ。

河本は今季から初のレギュラーツアーにフル参戦を続けるルーキーで、転戦の疲れもここにきてピークに達していた。加えて、強風にさらされる葛城の難関コースを戦い、予選こそ上位で通過したものの、後半に失速してトータル12オーバー・49位タイ。「疲れたときにどういう症状が出るのか、勉強になりました」と、これまで“未知”だった状態と向き合っている。

優勝によってとりまく環境もガラリと変わる。不確定だった後半戦出場権も手にし、プロアマ戦も毎試合入ってくる。キャディやホテル、移動手段の手配、今後のスケジュール組みも見直さなければならない。「トッププロがうまく休みを入れる理由が、よくわかりました。新人は全部試合を入れようとするけど、(成田)美寿々さんから『自分が勝ちたい試合があるなら、1勝したなら休みはこまめに入れるべき。休んだ方が良いラウンドが出来るから』と教えてもらいました」。先輩からの助言の意味が河本の腑にも落ちたようだ。

技術はもちろん、トップに立つにはシーズンを通してのリズムをつかむことも重要となってくる。「美寿々さん、ソンジュさん、テレサさんと一緒に回れてトップ選手との違いを身をもって感じました」。華々しい優勝を経たことで、身を持って知ることになった経験もトッププロへの糧となる。山谷があってもその落差が少ない、それも一流選手への条件のひとつなのだろう。(文・谷口愛純)

<ゴルフ情報ALBA.Net>