<パーゴルフChallenge 最終日(1日競技)◇24日◇富士レイクサイドカントリー倶楽部(6390ヤード・パー72)>

将来有望な若手女子プロゴルファーに“賞金のかかる試合の場”をより多く提供し、若手選手たちの経験値を増やして、国内ツアーをはじめ、世界で活躍する魅力ある選手の輩出に寄与していきたい、という理念のもと年間11試合(予定)の日程で実施される「マイナビ ネクストヒロインゴルフツアー」(主催:株式会社マイナビ、GOLF Net TV 株式会社ほか)。5月24日(金)に第一戦「パーゴルフChallenge」が開催され、愛知県津島市出身の21歳・土方優花(ひじかた・ゆうか)が2アンダーで開幕戦勝利を飾った。


同ツアーは全試合インターネット中継されるが、第一戦の解説者として登場したのは森田理香子。初挑戦の役割だったが、実況を担当した黒田カントリークラブとともに大会を盛り上げた。

中継ブースで優勝を称えられた土方が「森田さんが隣にいて、嬉しさと緊張がすごかった」と話したように、プロテスト合格を目指し、これからツアーに挑戦する若い世代にとっては憧れの存在だが、森田も若い選手のプレーを外側から見て、刺激を受けたと話す。

「中継中に話題を振られて、緊張した場面もありましたし、もう少ししっかり話さないといけないなと思いましたね(笑)。でも今回のようにいろいろな角度から試合を見るのは楽しかったし、勉強にもなりました。裏側の大変さも初めて知りましたね。試合を見ていて、若い選手たちは目が輝いていて、純粋な姿でゴルフをしている。“私も真っすぐやっていた時期があったな〜”って思い出しました。若い頃と比べると燃え尽きたりする部分もあったので“プレーヤーとは違った目線でゴルフに関わるのはすごく大切だな”と考えて挑戦しましたが、いい刺激になりましたね」

と心境を語り、これからも少しずつだが、様々なチャレンジをする意志を持っているという。

最後に若い世代の選手たちへ向けては、「もちろん年齢を追うごとに経験を活かさないといけない時期は来ると思いますが、いまは思いっきりやって欲しい。純粋な気持ちを忘れず、一生懸命取り組んでほしいです。若い選手たちの技術は上がっていますし、最近はクラブも進化していて、みんな実力は変わらないと思う。“コースの特徴を考えながらマネジメントができれば良いスコアで回われるはず”という選手はたくさんいました。やっぱり失敗をしないと自分のなかには入ってこない。場数を踏んて、ミスをして…その積み重ねがプロテストへ向けてのプラスになれば、意味のある経験になりますから。試合経験を積んでいける場があることを踏まえながら、いろいろな勉強して上に来て欲しいですね」とエールを送った。


--------------------------------
【マイナビ ネクストヒロインゴルフツアーってどんなツアー?】毎試合の出場枠30名は、前回ツアー上位者10名(※スコアが並んだ場合は18Hからのカウントバックで決定)、大会ごとに付与される順位ポイント(マイナビポイント)上位者5名、主催者・スポンサー推薦5名、公式サイトでのファン投票10名、と4つの条件で決定。(※初戦はファン投票25名+推薦者、最終戦はマイナビポイントランキング上位30名に出場権を付与)。最終戦「マイナビ ネクストヒロインツアーファイナル」は賞金総額1,000万円、優勝賞金300万円。ツアー登録資格者は、2019年12月31日時点で満25歳以下のアマチュア資格をもたない女子。

<ゴルフ情報ALBA.Net>