26日付けの男子世界ランキングが発表された。米国男子ツアー「ファーマーズ・インシュランス・オープン」で今季初優勝を挙げたマーク・リーシュマン(オーストラリア)が前週の28位から20位に浮上した。


同大会を45位タイで終えた松山英樹は1ランクダウンの24位。日本勢2番手の今平周吾は欧州ツアー「オメガ・ドバイデザートクラシック」に出場したが予選落ち。世界ランクは36位と前週から変わらなかった。同3番手の石川遼は試合出場がなく、こちらも80位をキープした。

世界ランキング1位はブルックス・ケプカ(米国)がキープ。6位のタイガー・ウッズ(米国)らトップ10に変動はなかった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>