<ジェネシス招待 最終日◇16日◇リビエラCC(米カリフォルニア州)◇7322ヤード・パー71>

米国男子ツアー「ジェネシス招待」は最終日の競技が進行中。首位と4打差の11位タイから出た松山英樹は前半を終えて2バーディ・1ボギーとスコアを1つ伸ばし、トータル7アンダー。首位と3打差の8位タイでハーフターンを迎えた。


松山は出だしの1番パー5で2オン2パットのバーディを奪うと、3番でボギーを叩いたが、9番で残り125ヤードの2打目を約2mにつけて2つ目のバーディを奪取。良いかたちでサンデーバックナインへと入った。

現在のトップはトータル10アンダーのマット・クーチャー(米国)とハロルド・バーナーIII(米国)の2人。1打差の3位タイにダスティン・ジョンソン、ラッセル・ヘンリー(ともに米国)、アダム・スコット(オーストラリア)の3人がつけている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>