現地時間27日の早朝、ジョージア州セントサイモン島にあるデービス・ラブIII(米国)の住居が火事で全焼したと米国メディアが伝えた。この火事によるけが人はいなかった。


火災が起きた際はロビン夫人が住居に一人でいたが、無事に脱出した。消火にあたった消防署の署長によれば、通報から5分後に現場へ到着した時には、すでに住居が炎に包まれていたという。消防隊が現場に到着した約2時間後に鎮火した。現時点では火事の原因は不明。

火災についてラブIIIは「家族全員の思い出に満ちた家の喪失に悲しんでいる一方で、家族全員が無事であることを祝福しています。私たちの家を救うために勇敢な努力をした方々へ非常に感謝しています」とコメントした。

55歳のラブIIIは米国ツアー通算21勝を誇り、1997年には「全米プロゴルフ選手権」でメジャー制覇も果たした。2012年、16年には「ライダーカップ」の主将も務めている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>