<アース・モンダミンカップ 最終日◇29日◇カメリアヒルズCC(千葉県)◇6622ヤード・パー72>

ようやく開幕した国内女子ツアー「アース・モンダミンカップ」は、渡邉彩香の復活優勝という形で幕を閉じた。鈴木愛とのプレーオフを制し、5年ぶりの通算4勝目。ホールアウト後は涙に言葉をつまらせ、久々の勝利を噛みしめた。


その姿に祝福の言葉を贈ったのが丸山茂樹。渡邉は2015年から丸山のもとに弟子入りし、五輪の日本代表ヘッドコーチを務める丸山のもとで研鑽してきた。シード落ちを喫するなど不調の時も見てきた丸山は、「不調から這い上がることはすごく難しい。5年間長い道のりでしたが、よくめげずに頑張ったと思います。日頃の努力の賜物ですね。本当におめでとうございます」と喜んだ。

優勝後のインタビューで、「東京五輪に向けて頑張りたとい思っていたので、遠い道のりですけど頑張りたい」と語った渡邉。16年のリオ五輪でつかめなかった代表の座に向けて、新たな一歩を踏み出した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>