米国男子下部のコーン・フェリーツアーは「TPCコロラド選手権」の3日目が終了。今季から本格参戦している小斉平優和は5バーディ・2ボギー・2ダブルボギーの「73」とスコアを一つ落とし、トータルイーブンパー・63位タイに後退した。


初日は2オーバーと出遅れたが、2日目は3アンダーをマーク。5カ月ぶりの予選通過を決めたが、この日は出入りの激しいゴルフで足踏みした。

トータル12アンダーの単独首位にウィル・ザラトリス(米国)。1打差の2位タイにテイラー・ペンドリス(カナダ)とエリック・バーンズ(米国)。さらに1打差の4位にカルム・タレン(イングランド)が続く。

<ゴルフ情報ALBA.Net>