<ニトリレディス 初日◇27日◇小樽カントリー倶楽部(北海道)◇6695ヤード・パー72>

国内女子ツアー第3戦「ニトリレディス」の初日、午前組が続々とハーフターンするなか、ニトリ所属のホステスプロで地元・北海道出身の小祝さくらが3バーディ・ノーボギーの3アンダーと好発進。また、今大会がツアー復帰戦となるユン・チェヨン(韓国)も9ホールを消化。3バーディ・1ボギーと2アンダーで折り返した。


チェヨンは新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり韓国で調整。日本ツアー開幕後も入国できない日々が続いていたが、今月5日に緩和。すぐに来日して今大会からツアーへと復帰している。

現在のトップは4アンダーまで伸ばしている大山志保とアマチュアの小倉彩愛。小祝と並ぶ1打差の3位タイには竹内美雪。チェヨンと並ぶ2アンダー・5位タイグループには前回大会の「NEC軽井沢ゴルフトーナメント」の覇者・笹生優花、開幕戦「アース・モンダミンカップ」優勝の渡邉彩香らがつけている。

昨年覇者の鈴木愛は序盤でダボを叩く厳しい展開となったが持ち直してパープレーで折り返し。今大会開幕前に所属契約を締結しホステスプロとして出場している田中瑞季は、バーディ発進を決めたものの11ホールを消化して3オーバーと苦しいゴルフとなっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>