<フジサンケイクラシック 事前情報◇2日◇富士桜CC(山梨県)◇7566ヤード・パー71>

石川遼にとって約8カ月ぶりの国内ツアーは、2009、10年と連覇を果たした大会。「出場できるとわかってから、全力で準備をしてきました」と富士桜に乗り込んできた。


石川は今春から新コーチの田中剛氏と契約を結び、スイング改造に取り組んでいる。8月はそのコーチとともに海外メジャー「全米プロゴルフ選手権」に出場。「初めてのことなので、一進一退感が拭えない状態」と、少しずつだが前に進んでいる。

ところが、全米プロから帰国後は2週間の自主隔離。当然ラウンドも練習場で球を打つこともできず、自宅でトレーニングや素振りのみで試合に備える日々が続いていた。「結構きついですね。先週の頭に久しぶりに打ち始めたときは、後退したなと思うことはありました。今週までにたくさんやりたいことがあったんですけど、なかなか思うようにいかない」と停滞を強いられた。さらに本大会を終えれば、PCR検査を受けて渡米。17日開幕の「全米オープン」に出場と、忙しい日々が続く。

それでも実戦の機会は代えがたい。ツアープロは米国での自主隔離が免除となることが決まったため、フジサンケイクラシックに参戦することを決めた。

今年2度目の海外メジャーに向け、クラブセッティングも大幅チェンジ。今春からウェッジ4本体制に替えたほか、今週からはエースの2番アイアンを抜いて5番ウッドを投入。全米オープンでのラフ対策を見据え、米ツアー本格参戦時以来のチョイスだ。「いい一本ができました。全米オープンもすごく楽しみにしています。試合に出て、どこまでできるか」と、まずは実戦で今の実力を試したい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>