<キャンビア・ポートランド・クラシック 2日目◇19日◇コロンビア・エッジウォーターCC(米オレゴン州)◇6467ヤード・パー72>

最終18番、グリーンエッジから打った約5mのパットがカップをかすめ、痛恨のボギー。予選通過に一打及ばず、河本結は唇を噛みしめた。


初日に2オーバーと出遅れていたが、この日の前半は好調だった。5番パー5でピン右6mに2オン、イーグルは逃したがバーディが先行した。9番パー4も上からの2mを沈めてバーディ、11番パー4はティショットを左林に打ち込んだが、狭い木の間を縫ってピン3mにつくミラクルショット。3つめのバーディを奪うと予選通過圏内へ。

だが、14番パー4でバンカーから寄せ切れずにボギーを喫すると、予選通過ライン上で迎えた18番パー4はティショットを右林に打ち込み、第2打も左の深いラフ。3打目はうまくエッジに運んだが、パーセーブはできなかった。

結果的にはこのボギーが響くことになったが、「最後(のホール)というよりは、全体的に流れが悪い。(チャンスは)ラインを読んでうまく打ってもぜんぜん入らない」と苦戦したグリーンを悔しがった。今週のグリーンはポアナ芝。「午後組は芝で跳ねたり…」と不運も嘆いた。

7月末のツアー再開後、今大会を含めて7試合に参戦。初戦の「LPGAドライブオン選手権」では4位と活躍したが、その後は3戦連続の予選落ち。直近2大会は予選を通ったものの、60位台と思うような成績は残せていない。

「(米ツアーでは)自分のショット、パットが良いだけでは試合で成績は出せない。今はゴルフをやりたくないです…。なんなんだろう。早く日本に帰りたいとしか思わなくて。残念というか…アメリカに来て正解だったのかも分からなくなりました」と涙を堪えきれなかった。

元来明るい性格でフェアウェイを元気に闊歩(かっぽ)する姿が印象的な22歳。ホールアウト直後は簡単には気持ちは切り替えられないだろうが、誰しもが通る道だ。

次戦は1週間のオープンウィークを挟み、10月1日開幕の「ショップライトLPGAクラシック」(ニュージャージー州)に参戦。その翌週にはメジャーの「KPMG全米女子プロ選手権」(10月8〜11日・アロミニンクGC・ペンシルベニア州)も待っている。

「がんばるだけだと思います」

最後はそう声を振り絞った河本。次はまた元気はつらつな姿で登場して来るに違いない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>