<日本女子オープン 初日◇1日◇ザ・クラシックゴルフ倶楽部(福岡県)◇6761ヤード・パー72>

今季のメジャー第2戦「日本女子オープン」が1日に開幕。午前7時から第1ラウンドがスタートしている。


今年の舞台は、福岡県にあるザ・クラシックゴルフ倶楽部。総距離は6761ヤードと国内女子ツアーにおける歴代最長だ。一方で、フェアウェイの広さ季節柄グリーンの止まりやすさ、短いホールもあることなどから、伸ばし合いが予想される。昨年賞金女王の鈴木愛などは、優勝スコアを「20アンダー」と予想するほどだ。1995年には「日本女子プロ選手権」、2017年には「日本シニアオープン」が行われた同コースで、各選手がどのように攻略していくのかも大きな見所となりそうだ。

昨年覇者の畑岡奈紗は米ツアー参戦のため不在だが、今年も日本一をかけた戦いに選手層は厚い。「デサントレディース」からの連続優勝がかかる古江彩佳は、予選ラウンドを今季2勝を挙げているツアールーキー・笹生優花、今季好調の小祝さくらとの注目のグループに組み込まれ、11時19分にティオフ。

そして、地元である九州でメジャー初制覇を狙う上田桃子の活躍にも注目が集まる。「アース・モンダミンカップ」で5年ぶりの優勝を挙げた渡邉彩香、青木瀬令奈とともに7時45分にラウンドをスタート。ナショナルタイトルをかけた戦いが、いよいよ幕を開けた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>