<樋口久子 三菱電機レディス 初日◇29日◇武蔵丘ゴルフコース(埼玉県)◇6585ヤード・パー72>

「樋口久子 三菱電機レディス」が30日(金)に開幕、午前7時30分より続々と選手たちがティオフしている。


10月16日からの「富士通レディース」で2日目のスタート前に棄権した安田祐香も8時30分にティオフ。スタートホールをパーとしてコースに飛び出した。安田は9月の「デサントレディース東海クラシック」からは、頸椎(けいつい)捻挫のため3試合を欠場し、富士通レディースでの棄権を経ての本大会。まずは1週間の完走を目指し戦っていく。

また、本大会には海外転戦を終えた渋野日向子も参戦。国内ツアーへの出場は、6月の「アース・モンダミンカップ」以来となる。初日は同世代で今季1勝の小祝さくらと、今年9月の「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」優勝の永峰咲希とのグルーピングで午前10時にティオフする。

同じく米ツアー帰りの河本結も、久々の国内ツアーでの試合を迎える。午前9時20分に上田桃子、淺井咲希とともにスタートする。そのほか、昨年大会覇者の鈴木愛は稲見萌寧、原英莉花と同組で渋野の1組前でティオフ。昨年は本大会から3週連続優勝を果たして賞金女王を戴冠、今季初優勝を目指していく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>