<樋口久子 三菱電機レディス 最終日◇1日◇武蔵丘ゴルフコース(埼玉県)◇6585ヤード・パー72>

国内女子ツアー「樋口久子 三菱電機レディス」の最終ラウンドが終了した。首位と6打差でスタートしたルーキーの西村優菜が8バーディ・1ボギーの「65」をマーク。トータル11アンダーで逆転し、プロ初優勝を果たした。


2000年生まれの西村は安田祐香、古江彩佳らと同じ“プラチナ世代”の一人。ルーキーでは笹生優花、古江彩佳に続く3人目のプロ優勝となった。

トータル10アンダー・単独2位に勝みなみ。トータル7アンダー・単独3位にペ・ソンウ(韓国)が入った。

昨年覇者の鈴木愛は2つ伸ばし、トータル1アンダー・16位タイでフィニッシュ。ルーキーの安田祐香も同順位で3日間を終えた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>