欧州女子ツアー(LET)が来年2月、オーストラリアでの2大会の中止を発表した。同ツアーでは例年、「ジェフキング・モータース・オーストラリアン・レディスクラシック」、「ニューサウスウェールズ女子オープン」のオーストラリアでの2戦でシーズンが開幕するが、収束しない新型コロナウイルス感染の影響から2021年は開催せず、22年まで見送る。


一方、米LPGAツアーの21年スケジュールはまだ発表されていないが、例年なら1月にフロリダでキックオフ。2月は2大会がオーストラリアで開催されているので、欧州ツアー同様に中止となる可能性が大きい。さらに例年ならタイ、シンガポール、中国とアジアへと転戦が続くが、欧州などで再び猛威を振るう新型コロナウイルスの影響は大きく心配されるところ。実際に入国制限がつく国もまだ多く、簡単には渡航できないのが現状だ。

米LPGAツアーでは来年早々のオーストラリア、アジアシリーズは開催を見送り、2月末〜3月初旬にフロリダで開幕、その後西海岸シリーズへと舞台を移すスケジュールが検討されている。

20年の最終戦となる「CMEグループ・ツアー選手権」は12月20日にフロリダ州で閉幕と例年より1カ月遅れ。オフシーズンを考えると2月後半以降の開幕は妥当ともいえる。

男子のPGAツアーが50試合開催される“ドリームシーズン”を迎えているのに対して女子ツアーは米国、欧州ともコロナ禍の影響は大きく、まだまだ厳しい状況が続きそうだ。(文・武川玲子=米国在住)

<ゴルフ情報ALBA.Net>