<TOTOジャパンクラシック 初日◇6日◇太平洋クラブ 美野里コース(茨城県)◇6554ヤード・パー72>

国内女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」が開幕した。例年は米国女子ツアーの公式戦として世界のトップ選手たちが来日する今大会だが、今年は新型コロナウイルスの影響で日本ツアーの単独開催となった。


注目組は、日本復帰2戦目の渋野日向子、18年大会覇者の畑岡奈紗、日本女子オープン覇者の原英莉花の21歳トリオ。9時20分に1番ホールからスタートする。渋野は今季開幕戦の「アース・モンダミンカップ」、前週の「樋口久子 三菱電機レディス」と、国内で出場した試合はともに予選落ち。大会前には「結果よりも内容」とコメントし、ゴルフの状態を上げていきたいところだ。また、日本屈指の飛ばし屋3人の飛距離対決にも注目が集まる。

今大会から約11カ月ぶりに国内女子ツアー復帰となるイ・ボミ(韓国)は、渋野らの1つ後ろの組で河本結、渡邉彩香とティオフを迎える。そして、妊娠7カ月で出場を決めた横峯さくらは、ママさんゴルファー若林舞衣子と、新婚の菊地絵理香と8時50分に1番ホールからスタート。

前週、嬉しいツアー初優勝を挙げた20歳の西村優菜は、上田桃子、柏原明日架と9時に1番ホールから、前年覇者の鈴木愛は、小祝さくら、テレサ・ルー(台湾)と9時50分に同じく1番ホールから初日を迎える。

<ゴルフ情報ALBA.Net>