<三井住友VISA太平洋マスターズ 2日目◇13日◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡県)◇7262ヤード・パー70>

国内男子ツアーの「三井住友VISA太平洋マスターズ」2日目の競技が進行中。全選手が前半の9ホールを終えた時点で、木下稜介がトータル5アンダーで単独首位に立っている。1打差のトータル4アンダーで大槻智春が追う。


木下稜介は1イーグル・5バーディ・ボギーなし爆発で、この日スコアを7つ伸ばして、一気にリーダーボードを駆け上がった。木下の第2ラウンドは残り5ホールとなっている。一方、初日を単独トップで終えた大槻は15ホールを終えた時点で1バーディ・1ボギーとスコアを伸ばせていない。

その他の主な選手では、同じ組で回る前年覇者の金谷拓実とアマチュアの中島啓太(日本体育大学2年)がトータルイーブン・13位タイ。石川遼はトータル5オーバー・51位タイでプレーを続けている。予選通過は60位タイまで。現在5オーバーが予選カットラインとなっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>