<大王製紙エリエールレディス 初日◇19日◇エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県)◇6545ヤード・パー71>

国内女子ツアー「大王製紙エリエールレディス」が開幕。昨年覇者の渋野日向子が午前8時30分にティオフし、スタートホールをパーとしてコースに飛びだした。


渋野はティショットを右のラフに入れたが2打目で6mにオン。これを2パットで沈めてパー発進とした。

先週の伊藤園レディスで、国内では今季初の予選通過を果たした渋野。弾みをつけてタイトル防衛戦に挑む。

渋野と同組には、週の「伊藤園レディス」で今季2勝目を飾ったルーキー・古江彩佳、同じ“黄金世代”で大親友の大里桃子。古江、大里もともにパーでスタートした。

2018年大会覇者の勝みなみは、今季3戦目のイ・ボミ(韓国)と鈴木愛と同組で午前8時10分にティオフ。3人ともにパーでスタートした。

<ゴルフ情報ALBA.Net>