<マヤコバゴルフクラシック 事前情報◇2日◇エル・カマレオンGC(メキシコ)◇7017ヤード・パー71>

米国男子ツアーの2020年最終戦「マヤコバゴルフクラシック」が現地時間3日(木)に開幕を迎える。開催に先立ち、予選ラウンドの組み合わせが発表された。


PGAツアー公式サイトの優勝予想ランキングで1位に推されているジャスティン・トーマス(米国)は、ビクトル・ホブラン(ノルウェー)、ホアキン・ニーマン(チリ)ら注目の若手二人と同組になった。それぞれ23歳、22歳の“ヤングガンズ”とともに、どのようなプレーを見せるか。

ブルックス・ケプカ(米国)は昨年覇者のブレンドン・トッド(米国)、地元メキシコのカルロス・オルティスと同組。こちらも地元の注目選手、エイブラハム・アンサーはリッキー・ファウラー、ゲーリー・ウッドランド(米国)とラウンドする。

日本勢で唯一出場の小平智はチェズ・リービー(米国)、マーク・リーシュマン(オーストラリア)と回る。今大会には2年連続2度目の参戦。昨年は80位タイで4日間を完走した小平だが、今年は果たして。

<ゴルフ情報ALBA.Net>