<セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ 3日目◇9日◇プランテーションコース at カパルア(米ハワイ州)◇7596ヤード・パー73>

世界ランキング3位、前年大会覇者のジャスティン・トーマス(米国)が不適切発言をしたとして、ラウンド終了後にテレビを通じて謝罪した。


トーマスは大会3日目に5つスコアを伸ばしてトータル17アンダー、首位と4打差の5位タイとし連覇に望みをつないだが、4番のパーパットをミスしボギーとした際に、同性愛者を蔑視する言葉を吐き捨て、その音声が中継に流れてしまった。

ラウンド終了後に自身の言葉が流れたことに対して問われたトーマスは、「言い訳のしようがない。僕は大人だし、あんなことを言う理由はない。ひどいことを言ってしまった。とても恥ずかしい」と謝罪の言葉を述べた。

スコアこそ悪くないものの、フラストレーションが溜まるプレーが続いていたトーマス。「気づいていなかった」としたが、思わず出てしまった言葉が波紋を呼んでいる。「言ってはいけないこと。誰かを責めるつもりはなかったし、反省している」とした。

<ゴルフ情報ALBA.Net>