<ウェイスト・マネジメント・フェニックス・オープン 初日◇4日◇TPCスコッツデール(アリゾナ州)◇7261ヤード・パー71>

米国男子ツアーは舞台をアリゾナ州フェニックスに移し、「ウェイスト・マネジメント・フェニックス・オープン」を開催。大会初日はビッグスコアが飛び出した。


8アンダーの首位タイに立ったのは、マシュー・ネスミスとマーク・ハバード(ともに米国)。1打差の3位タイにネイト・ラシュリーとサム・バーンズ(ともに米国)がつける。

日本勢では、小平智が1イーグル・5バーディ・4ボギーの「68」をマークし3アンダーの21位タイ。松山英樹は2バーディ・2ボギーの「71」でイーブンパー・70位タイとなっている。

53歳のスティーブ・ストリッカー(米国)が6アンダーの5位。5アンダー・6位タイにザンダー・シャウフェレ、ビリー・ホーシェル(ともに米国)らが続く。

ジョン・ラーム(スペイン)は小平と同じく3アンダーの21位タイ。大会初出場のローリー・マキロイ(北アイルランド)、不適切発言で波紋を呼んだ世界ランキング3位のジャスティン・トーマス(米国)は1アンダーの50位タイにつけている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>