<ジェネシス招待 2日目◇19日◇リビエラカントリークラブ(米カリフォルニア州)◇7322ヤード・パー71>

米国男子ツアーの「ジェネシス招待」2日目。初日をイーブンパーで滑り出した松山英樹は、前半のプレーを終えて1バーディ・2ボギー。スコアを一つ落として後半に入る。


10番スタートの松山はスタートホールの短いパー4でバーディを奪う好発進を決めたが、12番をボギー。14番でもボギーを喫した。

現在の予選カットラインはトータルイーブンパー。予選カットラインとの戦いで後半の巻き返しに期待がかかる。

首位にはこの日もスコアを伸ばしたサム・バーンズ(米国)。トータル12アンダーで2位に5打差をつけている。

ジョーダン・スピース(米国)がトータル6アンダー。ダスティン・ジョンソン(米国)はトータル5アンダーでプレー中となっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>