新世代のツアープロコーチ、目澤秀憲と黒宮幹人。学年は1つ違いだが、ともに今年で30歳を迎える。目澤は河本結のコーチとして2019年のツアー初優勝に貢献。そして最近では松山英樹と契約して、大きなニュースとなった。また、黒宮は松田鈴英のスイングに安定感をもたらし、18、19年と2年連続のシード獲得をサポートした。世界最先端のスイング理論にも精通している目澤&黒宮に、2020年に国内メジャー2勝を挙げた原英莉花のスイングを解説してもおう。
____________________


黒宮 原さんのバックスイングを見ると、かなり右に移動しています。左右の体重移動をけっこう意識しているのかもしれない。ほかの選手に比べると、トップで右上にいるような感じだと思います。左足が踏めていないくらい右足に体重が乗っていて、ここからインパクトでアドレスのポジションに近いところに戻すとなると、けっこう体に負荷がかかるはず。そこは上手いですよね。

目澤 ここまで左右の移動が大きいと、普通は上下左右に打点がズレそう。

黒宮 けっこうスティープに(上から)クラブが入ってきていますからね。インパクト直前まで胸が右に向いているので、多少スティープに下りてこないとボールまで届かない。そういう意味では、男子ばりにフェースの開閉を作れるんでしょうね。

編集部 フェースの開閉を作れる、とは?

黒宮 女子だとシャフトが低い位置にある状態で、右から左にフェースをガーンと回していくのは、そうとう大変なことです。原さんは身体だけでなく、手首の力も強いんだと思います。

編集部 ジャンボさんが師匠ということもあって、どうしてもドライバーの飛距離が注目されがちですけど、昨年はアイアンやアプローチの上手さも光っていました。

黒宮 上から打てるからアイアンはいいと思います。コーチとして見たら、ウッド系は不安が出てくるかもしれません。

目澤 5番ウッドはいいとしても、3番ウッドを打つのが難しいかも。打点がズレそうになることを警戒しなきゃいけない気もします。でも、体の強さとか身長が高い(原は身長173センチ)のはメリット。普通の女子よりスイングアークを大きくできますから。

編集部 原プロといえば、ダウンスイングの右ヒザの送り込みが特徴ですけど、その辺はいかがですか?

黒宮 上体が右に倒れるから蹴りきれていないのかも。畑岡奈紗さんが早く右足を伸ばしているのに対し、原さんはインパクト後に一番エネルギーが出ているような感じですね。そこを変えると、もう少しクラブをアンダースペックにできると思います。おそらくいまは、シャフトは硬いだろうし、ロフトも立っているだろうし。

編集部 シャフトはオリジナルを使用しているので硬さは不明ですけど、ロフトは8.5度でかなり立っています。平均的な選手ではつかまらないし、上がらないハードスペックです。

黒宮 やっぱり。そうじゃないとフェースが戻りきらないんだと思います。そういう意味では、原さんが一番ポテンシャルは高いかも。これくらい動ければ、ドライビングディスタンスでずっと1位にいてもおかしくないです。

目澤 確かに。一番可能性を感じるよね。

【原英莉花のポテンシャルがNo.1な理由】
・身長が高いので、大きなスイングアークで飛ばせる
・右に大きく体重移動しても、クラブを戻せるパワーがある
・ドライバーのスペック変更で、やさしく飛ばせる可能性がある

■目澤秀憲
めざわ・ひでのり 1991年2月17日東京都生まれ。日本大学ゴルフ部出身。世界最先端のゴルフ理論に精通し、16年には日本に数名しかいない、TPI(Titlist Performance Institute)Level3 GOLF & JUNIORを取得。河本結・河本力の姉弟や、有村智恵のコーチを務める。そして今年から松山英樹と契約し、さらなる飛躍が期待される若手プロコーチの一人。FIVE ELEMENTS西麻布店のヘッドインストラクターとしてアマチュアへのレッスンも行っている。

■黒宮幹仁
くろみや・みきひと 1991年4月25日愛知県生まれ。日本大学ゴルフ部出身。12年の「日本学生ゴルフ選手権」では同学年の松山英樹に次いで2位となった。そのとき、ティショットの調子が悪くても対応してくる松山のすごさを目の当たりにして、インストラクターの道へ。現在は松田鈴英や梅山知広のコーチを務める。指導者となったいまも、ドライバーでは300ヤード以上の飛距離を誇る。黒宮ゴルフアカデミー主宰し、豊田市を中心にレッスン活動を行う。

<ゴルフ情報ALBA.Net>