<WGC-ワークデイ選手権アット・ザ・コンセッション 初日◇25日◇コンセッション・ゴルフ・クラブ(米フロリダ州)◇7564ヤード・パー72>

今季の世界ゴルフ選手権初戦が開幕。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、例年のメキシコから舞台を移し、フロリダで開幕した「WGC-ワークデイ選手権アット・ザ・コンセッション」。日本からは松山英樹と稲森佑貴の2人が出場している。


前週の「ジェネシス招待」で予選落ちを喫した松山は、前半のプレーを終えて3バーディを奪い、3アンダー。順調な滑り出しを見せている。

稲森は最終組でスタート。8ホールを終えて、2バーディ・2ボギーのイーブンパー。ローリー・マキロイ(北アイルランド)、ジョン・ラーム(スペイン)はアンダーパーでプレー中。ダスティン・ジョンソン(米国)は2オーバーと苦しんでいる。

現時点での首位はキャメロン・スミス(オーストラリア)の5アンダーとなっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>