<ダイキンオーキッドレディス 初日◇4日◇琉球ゴルフ倶楽部(沖縄県)◇6561ヤード・パー72>

国内女子ツアーの2021年初戦が開幕。注目の渋野日向子は現在賞金ランキング1位の笹生優花、18年覇者イ・ミニョン(韓国)との組でスタート。1番パー4をパーとしてコースへと飛び出した。


ティショットはピンまで約150ヤードの左ラフ。2打目はグリーンに乗らずも、花道からの3打目を80cmに寄せてパースタートとなった。

昨年12月に行われた「全米女子オープン」では最終ラウンドをトップでスタートし、惜しくも4位に終わった渋野。約3カ月ぶりの実戦で成長を見せることができるか。

大会関係者にコロナ陽性が判明したため、前日の練習日は中止。最終調整の場を失ったが、19年最終戦以来となるギャラリー入場で盛り上がるなか、ファンを魅了することになる。

なお、現在は前半で6バーディを奪った西郷真央が6アンダー・単独首位に立っている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>