<ケニア・サバンナクラシック 最終日◇26日◇カレンCC(ケニア)◇6921ヤード・パー71>

ケニアで開催されている欧州男子ツアー「ケニア・サバンナクラシック」は。現地時間26日(金)に最終日の競技が終了。トータル21アンダーまで伸ばしたダニエル・バン・トンダー(南アフリカ)が、プレーオフでジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)を下してツアー初勝利を挙げた。


前週の「マジカル・ケニアオープン」と同じケニアのカレンCCで行われた同大会。優勝スコアも同じトータル21アンダーで、2週連続で伸ばし合いの展開となった。トップと3打差のトータル14アンダー・2位タイからスタートしたバン・トンダーは、5連続を含む9アンダー・2ボギーの「64」と爆発。同じく「64」をマークした日本でもお馴染みのジャズとのプレーオフとなった。

18番パー4の繰り返しで行われたプレーオフは、2ホール目までともにパーをキープ。3ホール目でバン・トンダーがセカンドショットを80センチにつけるスーパーショットでバーディを奪い、優勝を決めた。

ケニアで2週連続優勝がかかっていたジャスティン・ハーディング(南アフリカ)は、トータル17アンダー・単独首位でスタートしたものの、「73」とスコアを伸ばすことができず。最終的にトータル15アンダー・14位タイで大会を終えている。

日本から出場している川村昌弘は、トップと6打差の19位タイから猛チャージを見せ、一時は5連続バーディで2打差まで迫った。しかし、3日目まですべてバーディを奪っていた11番パー5でボギーを打ち、追い上げもここまで。それでも今季ベストフィニッシュとなるトータル15アンダー・14位タイに入った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>