<JLPGAプロテスト第1次予選・D地区 初日◇31日◇満濃ヒルズカントリークラブ(香川県)>

新型コロナウイルス感染拡大の影響により延期となっていた2020年度日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)のプロテスト第1次予選。D地区の競技が本日31日よりスタートし、18歳の小林光希が3アンダー・単独首位発進を決めた。


イーブンパー・2位タイに岡田樹花、山本唯加、石川夢香、西田茉楓、岡田清楓、中野なゆ、田中佳叡らが続いた。

2019年の「全米女子オープン」に出場した天本遥香は、1オーバー・9位タイと上々スタート。今年の「明治安田生命レディス ヨコハマタイヤゴルフトーナメント」でベストアマに輝いた仁井優花は3オーバー・25位タイ発進だった。

先週のステップ・アップ・ツアー「ラシンク・ニンジニア/RKBレディース」でベストアマ獲得の島袋ひのは3オーバー・25位。グラビアでも話題になっている野田すみれは、7オーバー・54位タイで初日を滑り出した。

1次通過者は5月に3会場で行われる2次予選に進み、これを通過すれば6月の最終予選へと進出する。

<ゴルフ情報ALBA.Net>