<マスターズ 3日目◇10日◇オーガスタ・ナショナルGC(米ジョージア州)◇7475ヤード・パー72>

海外メジャー2021年初戦の「マスターズ」は3日目の競技が進行中。予選ラウンドを終えて首位と3打差で大会を折り返した松山英樹は、前半のプレーを終えて1バーディを奪い、トータル5アンダーで後半へと向かう。


1番ではティショットを大きく右に曲げてボギーピンチも1.8メートルを沈めてパーセーブ。その後はバーディチャンスを決めきれないなか、7番でようやくこの日初バーディを奪取。まずは11番からのアーメンコーナーを無難にまとめ、勝負の終盤に入りたい。

なお、首位スタートのジャスティン・ローズ(イングランド)がスコアを1つ伸ばしてトップをキープしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>